仮想通貨・暗号通貨の購入、各取引、お得な口座開設はこれ!

Zaif

口座開設が、一番スピーディスムーズだったところが、ここだった!

Zaif

コインチェック、GMOコイン、ビットフライヤーと、申し込みをした結果で~す♪

最初にコインチェックに、口座開設を申し込んだところ、仮口座と言うことで一旦は、登録を受け付けしてくれて、その後、サイトが凍結されちゃった。

なんと、取引所がトラブルに見舞われたらしいって。あの有名なコインチェック事件。

お金を入れる前でよかったと思うべきか。本口座を開設する前で、ストップがかかった~。神様が守ってくれたと思うべきか♪

どういうことでしょ?
→ 取引所に、そのまま暗号通貨を預けていると、ハッキングにより、無くなってしまうことがあるという教訓ととらえることができちゃう。

なるほど、暗号通貨を購入後は、自分で管理ができるような方法で、持っておく必要があるってことかぁ~、、、いきなり勉強でした。

そういうわけで、コインチェック事件があって、落ち着くまで、その事件の様相を観察してたって感じだった。

他の取引所はどうなの?
→ すぐに候補に挙がってきたのは、その次に有名なびっとふらいやーだったけれど、ビットフライヤー♪

ビットフライヤーに申し込みをして、しばらく仮口座のまま、次にGMOコインに口座開設を申し込んだ。

GMOコインの方が、ビットフライヤーより、価格が買うときは安くて、売るときは高い価格がついている? ある時点で比較してみたときに、そんな風だったから、GMOコインに口座を作るのが先と、GMOコインに申し込んだんだわ。でもその後、、、。

なんじゃ、GMOコイン!
どこよりも優先して、申し込みをして、本人確認は、『本人限定郵便』で、郵送を選択したせいか、何度もメールが送信されて来るんですよ。

住所を確認しろと、しつこく、何度も何度もメールが来るんです。
何が気に入らないのか? 何度も確認して、何度も一応書き直して、間違えないのを確認して、、、、。
『混み合っているので、審査に時間がかかります』との表示を何度も確認させられて、最初は仕方がない待つかと思って、何度か待ったものの、その後、また同じメールが,,,,『住所を確認して下さい』と来るので、今度は、問い合わせをしてみたんです。
ログインした状態から、問い合わせフォームで、問い合わせしたんですね。すると、今度は、住所、氏名、生年月日を先ずは知らせろと言ってくる。

しかも、送信元を記載していないメール内容。
以下の内容がすべての記載内容。↓
誰? あなた? ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせいただきありがとうございます。
GMOコインサポートでございます。

このたびはご不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。
つきましては、ご本人様確認の上でご対応を致しますので
差し支えなければ下記事項についてご回答下さい。
・ご登録氏名
・生年月日
・ご登録住所(公的書類記載のご住所)

今後ともGMOコインをよろしくお願い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
GMOコインとは,書いてあるけれど、GMOコインサポートとは書いてあるけれど、誰なのか? ロボットなのか?人間が対応してくれているのか?さっぱり判らない。

GMOコインからの公式メールには、住所・名称等がメール文面の最後に記載されてくるけど、これには何の記載もない。

なんだか変。

というわけで、GMOコインは、置いておき、他に取引所を探したところ、口コミで面白そうな取引所が、Zaifということが判った。

そこで、Zaifに、口座開設を申し込み、同時にビットフライヤーにも、仮口座から本口座へと更新するための手続きを始めたんだけれど、。
書類郵送手続きというのが、どちらもあって、書留が郵送されるそうな。

どれくらいかかるのか? 
本日到着と言うことは、2日くらい?

ということは、
Zaifは、とてもスムーズにすぐに手続きが済んだと言うことになる。

(ビットフライヤーもほぼ同じかもしれないけれど、ちょっと高い?手数料?なんて、気になることも。)
ビットフライヤーは、仮想通貨のFXに使えるようだから、これはこれで様子を見ようということで。

Zaifで、口座開設した後は、ここが唯一お得な暗号通貨の売買取引所ということを体験することになっていく。

何がお得か? 手数料がマイナス。
・・・ということは、? 手数料がマイナス。
手数料が、マイナス ♪ 
日本の取引所では、どうもここだけ、手数料がマイナス。
2018/03/07現在

口座開設した後は、イーサリアムを購入予定。

今年は、暗号通貨が面白い!

もう一度、大暴落が来るか? → ビットコイン

それとも、。。。。! 爆上げかぁ~?

やっぱ、大暴落??? いや、爆上げ!??

タケノコのように生えてくるICO。
新しいコインを購入しようとすると、ビットコインか、もしくはイーサリアムを購入して、それと交換と言うことになるようなんですね。

つまり、新しく発行されるコインを購入するときは、ビットコインか、イーサリアムで買わなくては買えない?という仕組みを作っているようなんです。

億万長者願望の人は、ICO狙って、いきなり銀行口座から振り込みっていうのは、もっと別の、取引所上場前の縁故募集のようなコイントークン販売で、購入する必要あるんですよね。
海外の面白いICO案件は、やっぱりビットコインかイーサリアムで買わなくてはならないみたいな。

ということは、。